2019年12月11日

耶馬渓 山国川・犬走り 危険に晒される神聖な石

耶馬渓・青の洞門から山国川を500mほど遡ると、沈み橋と
川中に奇岩が突き出す「犬走り」呼ばれる場所がある。

青の洞門とセットでオススメしたい場所なのだが、知名度
がない。何せ、観光ガイドが地元の中学生達に解説ができ
ず「ガイドコースから外れているから…」と言い逃れたぐ
らいなのだから…穴場の景勝地。
ここを訪れた人は、沈み橋上からの上流の景色に見とれてし
まうだろう。

注・流水が橋の上を流れる構造の沈み橋には欄干がない。危険
を伴うので、沈み橋の利用は自分の責任にて。
また自動車は入れず駐車場もないので、青の洞門駐車場か道の
駅から徒歩となります。

「明らかに川の流れ(筋)が変わった」と地元の人達が話す。
その今秋の増水で犬走りが被災した。ここは「九州自然歩道」
の一部なのだが歩道の一部が損壊し、河原の川石が押し流され
て岩床が剥き出しになってしまった。
この場所には「ひぃ立て岩」などと呼ばれる神聖な石がある。
自然歩道の復旧工事で、この石まで傷付けられたり撤去されな
いか不安なのだ。
本などには載っていないから、中津市の学芸員達も知らない可
能性が高い。他の関係部署はどうなのだろう?。

資料等にないことはブログに掲載しないことになっているのだ
が、今回は仕方がない。役所関係は、一般からの進言は軽視し
てしまう。誰か力を貸してくれないものだろうか。


2019-1211-5・ブ.JPG
これが「ひぃ立て岩」。上流の柿坂辺りからプカプカと浮いて
流れて来たという。薄学斎は「ひ」とか「ごひ」と呼ぶのだが
方言なのか。「御幣(ごへい)」が正しいのかな?。
川石の河床だったのが、すっかりと流されてしまった。
協力してもらえるのならば、水害以前の写真の提供も検討中。
後方は、青の洞門有する「競秀峰」の列峰。

2019-1211-3・ブ.JPG
「九州自然歩道」損壊部。すぐ横に「ひぃ立て岩」がある。

2019-1211-2・ブ.JPG
本来ならば犬走りの岩は黒っぽい色。護岸工事のコンクリート
のアクなのか白く汚れている。
2012年の水害以来、犬走りの岩の浸食が目に見えて激しい。
後方は沈み橋。

・犬走りの紹介は、今後少〜しずつ進める予定です。

posted by 薄学斎 at 07:48| 耶馬渓(本耶馬渓)

2019年12月08日

航空自衛隊 築城基地 強行偵察2019・1207「予行」

世には奇妙な人達がいるものである。
轟音とストーブの匂いのする排気ガスを吐き出しながら飛ぶ
ヒコーキなる物に夢中になる人達だ。

高Gに軋む機体に「今日はベイパーあまり出ないね」などと、
「むぐぉ〜。ぐひゃ〜。むぉ…(ダンダムちゃんではない)」
と耐えるパイロットの苦しみも知らずに平気で言い放つので
ある。彼らには潜在的S嗜好を感じる。
そして…セッティングが合ってないか整備不良なのか、煙モ
クモク吐きながら乱舞する5機ものヒコーキに拍手喝采…。
航空祭の一週間前ぐらいからバズーカ砲のような撮影機材を
担ぎ曳いている姿が目につく、苦行ともとれるその姿は果た
して風物詩なのか、ただの不審者なのか?。

今回は航空自衛隊築城基地へ強行偵察(ちょほー活動という)
に出掛けてみた。本番前日に予行があるのだ。

2019-1208-1・ブ.JPG
昨年、米軍のF16に美味しいトコを持って行かれたのがアレだっ
たのか、今年のF2戦闘機は気合入っている。
「あのF16。エンジン違うでぇ〜」と大声で喜んでいた遠方から
来るファンK氏は事情あって今年は不参加。クセの強い人だが憎
めない性格。大変だが来年は会えることを願う。

2019-1208-2・ブ.JPG
「他にやること無いの?」などと言ってはいけない。集団で追い
かけてくる可能性あり。「バ〇オ・ハ〇ード」みたいに…。

2019-1208-4・ブ.JPG
C-2輸送機(国産)。ゆったりと何度も上空を旋回。原チャリ並み?
と思ってしまう。C-1から発展した機体。

2019-1208-3・ブ.JPG
2年振りの「ブルーインパルス」。機材トラブルなどで精彩を欠く。
不具合対策の影響かエンジン音が静かに感じる。
近年、大きな撮影機材を持つ女性が目立つようになった。

2019-1208-6・ブ.JPG
「ウイスキーパパ」。プロペラ機好きの薄学斎はコレ。
「ロック岩崎」も好きだったのだけど…。

2019-1208-5・ブ.JPG
楽しみ方は様々。こうして少し離れた所から楽しむのもアリ。
しかし今年の展望台駐車場のマナーは酷い。陣取っている見物人以外
は利用できない状態。今は本番日にのみ誘導員が入るが…。


アジトにもジェット機の賑わい響いて来るが、本年度が最後のF4ファン
トムが飛びそうになく、本番日は参加せず。
実は、築城基地から我が耶馬渓は近い。耶馬渓内に宿泊施設は多くない
が予約が取れなければ、中津市街で一泊という手がある。航空祭当日の
夜なので空いている可能性(大)。
11月下旬〜は、晩秋から初冬へと移ろう耶馬渓が楽しめる。

12月8日。航空祭を訪れる内のどれくらいの人が、この日を知っている
のだろうか?。

posted by 薄学斎 at 09:26| 日記

2019年12月04日

耶馬渓 青の洞門 潜入調査ファイル 3

第3弾は少しずつ作成を進めたが、途中に壁に当たってしまった。
今回は「青の洞門」の秘密の一つに迫ってみよう(長くなりますが…)。

青の洞門の工事は江戸時代中期(1700年代)に行われている。もちろんすべ
て手掘り…瓦礫の搬出も同様だろう。
青の洞門の駐車場から自動車で5分ほどの所に「羅漢寺」という禅宗(曹洞
宗)の古刹があり、禅海堂という建物で洞門開鑿に用いたと伝わる鎚と石鑿
を見ることができる。しかし他にどのような道具が使用されたのかという調
査はされていない。「試掘」の検証もアリかと。

「やばけい日本遺産」で耶馬渓を「柱状の断崖」の地域のように仕立て上げ
ているが、「柱状」とは「柱状節理」であって、実際には耶馬渓内で「柱状
の断崖」が何処でも見られる訳ではない。今まで耶馬渓に無関心だった者達
の先入観と辻褄合わせばかり。「世界遺産」で「柱状節理」の認知が広がっ
ている事にも気づいていないようだ。
「柱状節理」は石川県・東尋坊の断崖を検索するとよく分かる。耶馬渓の節
理に関しての考察は別の機会に。

2019-1204-3・ブ.JPG
これが「柱状の断崖」の近撮(深耶馬渓にて)。いかにも固そうだ。マグマ
が冷え固まった岩。ツルリとした感触の岩肌。

2019-1204-2・ブ.JPG
そして青の洞門内の岩壁の近撮。「凝灰角礫岩」?。「凝灰角礫岩」とは、
積もり固まった火山灰や土砂の中に岩石や瓦礫が含まれている岩質のことだ
という。いわゆる「礫岩」でも差支えないのだろうか。
遠望すると、おろし金のようなガザガザとした岩肌をしている。
実は壁に突き当たったのがココだった。アドバイザーは「集塊岩」と教わっ
たと話す。「角礫岩」と判断が付かずにいる。このブログでは後者で話を進
める。どちらにしろ掘り易そうな岩質だ。

2019-1204-1・ブ.JPG
「(石)ノミの痕」とされているが、禅海の時代当時のものかは不明。
それよりも、この部位は「凝灰岩」だろうか。それとも「凝灰角礫岩」から
岩石等を取り除いた岩肌だろうか?。現・洞門も含め、全体をよく観察して
考えていきたい。
注・「石ノミ(鑿)」とはタガネのような道具をお考え下さい。

もしも競秀峰が、彼らの言う「柱状の断崖」だったらば禅海の志も硬い岩質に
歯が立たずに打ち砕かれていただろうと考えられる。
で、ここに青の洞門の秘密があったりする。

禅海には「競秀峰」が掘り易い岩質だという算段があったのではないかと…。
岩石や瓦礫を取り除けば、段差やひび割れといった「キッカケ」ができる。
コンクリートでも「キッカケ」を突けば、意外にハツり進むことができるぐら
いだから、より柔らかく含有物を多く含んだ「凝灰角礫岩」は手掘りでも掘削
し易い岩質だと考えられる。
ただし「掘り易い」=「崩れ易い」。危険性はより高まりそうだ。

長くなり過ぎたので続きは次回(第4弾)に。



posted by 薄学斎 at 06:59| 耶馬渓(本耶馬渓)