2019年12月31日

2019 大晦日

初日の出はどこで迎えようか?。
事情があり、しばらく登山は控えていたが、もう大丈夫と用具
の準備をしている時に風邪に罹り。幸いにしてインフルではな
いけれど、予定していた英彦山でのご来光は断念。

では、どこにする?。
そんなノンビリとしたことを大晦日に考えながら過ごせるのは、
実は幸せなことなのかも知れない。

正月寒波が到来。北部九州も夜半から風強くなりアジトの軒先
を震わせる。この風向きでは源流の森は吹雪かな。
ウズウズしてくるが…お正月は書庫で、書籍と資料に埋もれて
大人しく過ごすこととしよう→日常と何ら変わらんではないか。

2019-1231-1・ブ.JPG
大分県・中津市の小祝より「中津城」天守と初日の出。
数回挑戦も惨敗が続く。初撮りからつまづきとは…まっ
私メらしいけど…清光厄落としということで。

posted by 薄学斎 at 07:38| 日記

2019年12月23日

犬ヶ岳山系 雪景色

冷たい雨が降る。山国川源流にも積雪したという便りがあるも
薄学斎は土・日曜日と寝込んでしまい…行動不能。
英彦山の初冠雪は10日ほど前にあったのだが、この時は平野部
から犬ヶ岳山系の冠雪は確認することができなかった。

今日は犬ヶ岳山系の冠雪に会えそうと期待していると…予想は
当たり!。しかし日中は暖かくなる予報。つかの間の雪景色。
月曜日の朝の慌ただしい日常の中で、山並みを眺めながら喜ぶ
のは薄学斎一人だけ。やはり変わり者なのだろう。

12/23 犬ヶ岳山系冠雪を平野部より初観測。

犬ヶ岳も英彦山地に含まれるのだが、野峠を堺にして英彦山系
・犬ヶ岳山系に分けると山地としてとらえやすい。
犬ヶ岳山系=豊北連山とも呼ばれる。薄学斎は気分によって犬ヶ
岳山系と犬ヶ岳連峰で呼んでいる。

2019-1223-1・ブ.JPG
手前の最も高く見える山は「経読岳」。左側の円錐の山は「小屋
ヶ岳」。経読岳の右奥の白い山が主峰「犬ヶ岳」標高1132m。

※積雪・降雨の犬ヶ岳登山は登山路に岩場が多く危険。厳冬期に
「南国の低山」と甘くみると生命に関わります。薄学斎も、その
秋に3千mの2峰を歩いた油断から、帰省時の単独登山で低体温症
に遭った経験があり…ご注意を。

posted by 薄学斎 at 13:17|

2019年12月22日

誰も信じてくれないこと

少し前の話。動物病院の受付で「お兄さん。ネコちゃん好きですよねぇ」と
薄学斎のことを言われたそうである。ただ匿ってきているだけなのに…。

ホームセンターで買い物をしてレジへ。すると担当の店員さんがいきなり
「どぉ〜しんたんですかー」。何事かと動揺する薄学斎に「今日はネコちゃ
んが無いじゃないですかー」と言い放った。咄嗟に返す言葉が見つからず…。
某サッカー漫画で「キーパー。一歩も動けなぁ〜い」の(あれは小学生サッ
カーの次元ぢゃねぇだろ…)立ちすくむキーパー如く心情であった。
わん・にゃんの買い物ばかりする中年男とは…むなしい空しすぎる…嗚呼。

元々は、近所で騒がれた母子猫と同時期に迷い込んだ仔猫を匿ったのが始ま
りで、疾患や事故で死なせたり行方不明で減ったが、その間に里親に引き取
られたのは1匹のみ(昨年・天逝)という厳しい現実もある。
確かに、動物病院やホームセンターにはお世話になっているのだが、そんな
に目立つ特異な奴なのだろうかと自問してしまう。

一時は当初からの夫婦ネコのみになり、当代で終わりのはずが現状はネコ2匹
オーバー状態。先日の「ねね」が重くのしかかる。

「ネコ好き」ではない。と言っても誰も信じてくれないのだろう。

2019-1222-2・ブ.JPG
当初からのネコも「ちぃ」(にゃニャフィナ)だけになってしまった。
目の大きなキレイなネコなのだが写真が苦手。
薄学斎の肩と背中には一体何匹のにゃん・わんが乗っているのだろう。
毎晩1・2匹ずつ化けて出てくれればと思う…。

posted by 薄学斎 at 03:36| にゃん学