2020年02月05日

「雪耶馬」は見れるのか?

大正六年・正月に大町桂月が訪れた際、耶馬渓は大雪
だった。
耶馬溪を見盡し、更に進んで彦山(英彦山)を窮めむ
と思いしが…一晩で一尺も積もりて、なおふりしきる
雪に…などと「雪の耶馬渓」に書き残している。
大町桂月はその数年後に他界し、一晩で撤退した耶馬
溪への再訪を果した記録は見られない。
青森県の十和田湖や奥入瀬・八甲田というカレンダー
写真のような彩やかな地域を愛でた文筆家の、耶馬渓
の紀行文を読んでみたかった(ちとコワイが…)。
2020-0205-2・ブ.JPG
大町桂月著「山水めぐり」・大正八年・博文館:発行。
ある古本屋で、店主も薄学斎も復刻版だと思い込み格
安購入。しばらく経ってから初版だと気づく…。かな
り以前のマヌケ話だが、復刻版は紛らわしく、今でも
気を遣う書籍だ。

2020-0205-1・ブ.JPG

過去の写真より(一部画像処理)。
耶馬渓・津民谷にて。英彦山周辺では更に大型の除雪
車が稼働する。地元にも「除雪車」はあるのだ。
北部九州の積雪は平野部で一冬に1〜2回あるが、大抵
は翌日には溶けてしまう。
しかし少し山間部に分け入ると、驚くほどに雪深い。
「英彦山地は九州で最も雪深い」と書かれていた本が
あるぐらいだ(信憑性は?)。

暖冬…薄気味悪ささえ感じる今冬。
桜の話で盛り上がってばかりいるから、「雪耶馬」が
見られんのだ。と、ボヤいてみる。お寿司は抜きで…。

posted by 薄学斎 at 02:52| 本・資料