2020年02月19日

「雪の耶馬溪」 始末記

2月5日のブログ記事にて、大町桂月の「雪の耶馬溪」
を掲載した。

2週間後の2月18日、この冬初めての積雪の朝。ちょう
ど午前中に、耶馬渓にて打ち合わせの用事が重なり、
いざ雪耶馬と勇んで出陣。道中、薄雪化粧した犬ヶ岳
山系を我がキャメラに収めんと取り出す→が、カードが
入っていない…→しかし流石の薄学斎、予備のカードを
車の中に入れて…→はずが…無い(この間使ってた…)。

容量の少ない電池と、銘柄と本数を決めて準備をして
いたフィルムの場合は忘れることは滅多になかったの
が、デジカメの出番が多くなってからはメモリーカー
ドとバッテリー充電をよく忘れるようになり。
大容量のバッテリーとカード…。デジタルの便利さに
溺れて、何か大切なモノを失いかけている気がする…。

で、今季初雪と積雪を記録した北部九州。
道路は積雪せず、薄雪化粧の景色。(中津市)本耶馬
渓町・耶馬渓町の国道212号線周辺も同様。
ちょっと気だるいような雪解けの、白と黒とのモノト
ーン調の耶馬渓。
平野部の積雪も午後には、ほとんど解けてしまった。
せっかくの初雪なのに、そんな訳で画像はありませぬ

posted by 薄学斎 at 12:46|