2020年03月05日

九州のツキノワグマ 2

山国川水圏でのクマのお話。(長文です)

まずは、地元でクマに関する古い資料にお目に
かかったことはない。

20年以上前に、四国の四万十川源流の山で、ツ
キノワグマの目撃情報の看板を見たことがある。
後日、調べてみると九州よりも高く深い四国の
山々でも、九州と同じく絶滅寸前だと知る。

照葉樹林が広く占有する南国の島の限られた山
域に植林や開発が押し寄せる…ただでさえ乏し
いクマの生息に適した落葉広葉樹林は伐採され
分断され、わずかに残った森にしても、既にそ
れに必要な環境の大部分は失われている。

ずいぶん以前に、耶馬渓の某山付近でクマ目撃
の噂があったが、ある事情もありウヤムヤに。
後年…犬ヶ岳山系のある山でクマらしき目撃情
報の噂が…現場は先の某山と直線距離で近い。
早速、現場の集落で話を伺うと「何かクマでは
ないみたいな…」少々ウンザリ気味の返答…。

山国川水圏にツキノワグマは生息するのか?。
薄学斎の考えでは「生息できない」になる。そ
の根拠は「山が浅すぎる」から…。
生態系の頂点には、それに相応する広範囲の生
息環境が必要だと考えている。

地元には茶系と黒系の毛色のイノシシが生息する。
薄学斎も耶馬渓山中で、100sはあろうかの黒系
の大物と出会ったことがある。その他にも捨て犬
や、迷った猟犬をクマと誤認する可能性もある。
あとはシカ…他の一部山域ではニホンカモシカ。
特に山中で出会うカモシカは黒っぽい塊に見える。

でも…山国川水圏の森にツキノワグマが生息して
いたらと、どこか期待してしまう薄学斎なのだ。
また地元で噂が出ないかなぁ〜。

・ツキノワグマ→ニホンツキノワグマ。
・イノシシ→ニホンイノシシ。
・シカ→ニホンジカ(キュウシュウジカ)。
・カモシカ→ニホンカモシカ(実は牛さんの仲間)。

・次回はクマさん「こぼれ話」でも…。


posted by 薄学斎 at 03:53| 雑記・古い写真から