2020年03月07日

月輪

深夜、用事があり隠れ家へ。
ドラマ「女子高生の無駄づかい」を観てたから
遅くなったとは人様にはとても言えない。

クルマから降りて夜空を見上げると、月に暈が
かかっている。
「ツキノワ・グマ」の後で「月輪」…オチか?

「月輪」(げつりん)の読みしか知らなかった。
知人に(がちりん・がつりん)の読みを教わる。
月の暈と出会うと、己の浅学を嗜められている
思いが…(平気で天候が〜などと解説してた)。
自身には、そのようなことが多々ある。年輩の
友人である「小倉の魔導師」に、〜もう、だか
らキミはねぇ…〜。などと時々、呆れられてし
まうのも無理はないか。

2020-0307-1・ブ.JPG
太陽や月に暈がかかると「天候が崩れる」と云
われている。子供の頃から聞かされていた。
明けて3月7日は終日、しとしと雨が降り続ける。
少し肌寒く感じる。3月の浅い春らしい、久し
ぶりに「今」の季節を感じさせる雨。


posted by 薄学斎 at 20:27| 日記