2020年03月12日

「ねね」のヒ・ミ・ツ

昨年10月に拾って帰った「ねね」も6ヶ月(推定)。
いきさつはカテゴリ「にゃん学」で探して頂くとし
て、実はこの仔猫は「家の前にいた〜」とウチには
誤魔化していたのである。

しかし最近、「ねね」の偽装ストーリーに対する疑
惑への追及が厳しい。
・「行橋(市)で拾った」・「まとわり付かれ置いて
おけなくなった」・「ステを亡くして寂しいチィと
一緒に…」などなど、すでに95%以上は暴かれてし
まっている…認めてはいないけれど…「野党」の追
及?など可愛らしいぐらい。

でも、この「ねね」は相当に飢えた状態だった為か、
食べることへの執着が未だに凄まじく、それに「目
に映る物すべて、アタシのオモチャ」的なヤンチャ
姫ぶりも相まって、ウチでも手に余る有様。
ウチでこんな状態では、他人様宅ではとても手に負
えるものでなく、「ちぃ」も母親のようになったの
で、このまま暮らし続けることになりそう。

「ちぃ」の旦那の「ステ」が闘病中に逝ってしまい、
ちょうど1年後に出会った「ねね」。「ステ」の苦し
みと死が繋いでくれた命だと思うしかないのか。
部屋の中で「ちぃ」は「ステ」の遺骨の傍を寝床に
している(不思議…)。
なので、結果的に3匹一緒に寝ていることになる。
2020-0312-1・ブ.JPG
一枚で表すと、こんなカンジ。
「にゃん定員オーバー」状態だけど、何とかガンバろう。

posted by 薄学斎 at 03:46| にゃん学