2020年05月01日

2020年4月最後の夕暮れ

雲一つない空を眺めていると「でっかい空」
を撮りたくなって海岸まで行ってみた。
もちろん、このご時世。場所と時間帯は考慮
している。

「日頃の行いが〜」などというが、常日頃か
ら「変わり者」と呼ばれる行いの薄学斎。
ずっと以前から、普通の人が興味を持たない
ような場所・時間が「遊び場」なのである。
このご時世、日頃の行いが役に立っているの
だが自慢できない特技…。

2020-0501-1・ブ.JPG
暗くなった干潟で、一人ぼっち過ごしている
と時々、不意に暗闇からの音が背筋を走る。
暗い時間帯の森や谷で一人過ごしている時に、
人の話し声のような音や、何かの気配を感じ
るような音が、背筋を走る感覚に似ている。

今日のソレは、たぶん例の正式公開された
「UFO?」映像の影響があると思う。
暗闇は、深い瞑想的美しさと、底知れぬ恐怖
と不安との紙一重。

・不安と混乱。2020年4月最後の夕暮れ。


posted by 薄学斎 at 04:45| 日記