2019年11月03日

すっかりと「秋」に

今年も11月…すっかりと秋。
山国川水圏の紅葉は、10月下旬に1千m級の源流の森から
始まり、11月に耶馬渓を染め、そして平野部で見頃を終
える12月上旬まで、実に1ヶ月以上かけて続く秋の祭典。
このことは意外に地元の人も知らない。

最近は何かと忙しくて、また20年来の相棒(クルマ)も
入院してしまいテンション下矢印2。山国川仙人開店休業状態。
この秋、山国川水圏の平和を守ることは難しそう…。

信州で素晴らしい紅葉を経験してしまうと、南国九州の
紅葉は全然物足りない。
標高・緯度・樹相の違いから、どうしても九州の紅葉は
地味で、それに植林帯や照葉樹が多く目についてしまう。

耶馬渓の紅葉の美しさを、地元自治体は盛んにアピール
しているが…彼らは耶馬渓を知らない。
何十年もループにとらわれ、真剣に地元と向き合う人材
がないから耶馬渓は疲弊してゆくばかり…。

耶馬渓の人出は数ヶ所のみに集中するので、少しルートを
外れると、秋のピーク時でも信じられないほど静かでノン
ビリと過ごすことができる。
紅葉は地味だが、季の移ろいを楽しむには耶馬渓は絶好の
地域。(無駄に)何度も通ってこそ耶馬渓の真価が分かる。


20191103ブログ用.JPG
撮影での大好物は「散り葉」と「水面」。
全山紅葉や雲上の山岳風景に想い焦がれるけれど、季節の
小さな物語との出会いが、それを慰してくれている。


posted by 薄学斎 at 14:16|