2019年11月22日

冬の使者

「今年はまだ来てないな」と通りかかる度に山国川を眺めていた。
数日前の朝、近くの溜池をねぐらのするカモの小群が飛び立つの
に遭遇。今年も山国川水圏に冬の使者がやって来た。

山国川は河口部の三角州・小祝にて本流と旧・本流に分かれ周防灘
に注ぐ。旧・本流は「中津川」と呼ばれている。
まずは福岡県・吉富町から山国川を渡り大分県側(中津市)へ、川
に沿って少し下り、中津川の北門橋から三角州の小祝に渡る。
遠方に住む松下竜一ファンに、イイだろぉ〜と自慢したいルート。
川向こうに中津の天守が聳える中津川が、お気に入りのポイントなの
だが冬鳥の姿はなし。

来る途中に見つけていた場所へ移動。山国川を分かつ小祝の舳先付近
より観察する。まだまだ飛来数は少ない模様。
この冬の使者がやって来ると、山国川下流域は1年でもっとも賑わう季
節を迎える。

20191120-1・ブ.JPG
いつもの癖で逆光線を選んでしまった。川石と水鳥の区別がつかない…。
でも煌めく川面と山並みが美しい。時間が許すのなら鳥さんたちとの合作
の光景を日が暮れて暗くなるまで眺めていたいものだ。

posted by 薄学斎 at 07:14|