2019年11月24日

仔猫 その後…

「仔猫。どうしてる?」といった質問をされる。
傍観者はお気軽で、その言の葉の重みを知りもしない。うっ涙が…。
そういう質問は片手(できれば両手)に袋引っ提げてしてもらいたい。
里親探してくれると尚良なのだが…。

さて仔猫。連れ帰った当初は、とにかくお腹を空かせていてゴミ箱に
飛び込んだりする始末。離乳して間もない仔猫をここまで飢えさせる
社会って…。
まずは消化を考えウェットフードを少しずつ何度にも分けて与える。
お腹の異様な膨らみが気になった。多分、消化できないモノが溜り、
ガスが発生しているかもと仔猫用ミルクを投入。すると翌日から2日
間、家中に「イノシシでも獲って食ったか」のような獣臭が充満。
トイレ砂の総入れ替えを繰り返し、1週間ほど異臭は続いた。

昨年、相方の「ステ」を亡くし寂しく過ごす「ちぃ」♀・11歳の猫部
屋に放り込む。「ちぃ」が受け入れるのに数日かかったが、今度は仔
猫が「ちぃ」のエサを横取りするので、エサやり時の隔離に一苦労。

トイレはすぐに覚え、台に上がるのとゴミ箱漁りも躾の甲斐あってか
だいぶ落ち着いてきたが、食い意地の強さだけはどうにもならない…。
10/18に連れ帰ってから、身体も二回りほど大きくなった。とにかく元
気いっぱいの仔猫で、未だに寝姿を見たことがない。

2019-1123-1・ブ.JPG
仮の名前は「ねね」。

2019-1123-3・ブ.JPG

2019-1123-2・ブ.JPG
こんなんで気が済みましたでしょうか?。
やはり2匹オーバーだと、人間の生活環境に支障が出てしまう…。


posted by 薄学斎 at 04:27| にゃん学