2019年11月25日

耶馬渓 紅葉情報? 2019・11・24

昭和の初め、雨の耶馬渓の趣を語った女性がいた。
雨の日は野外へは出掛けたくないものだが、そこは思い切って足を
踏み出してみれば、絵画のような耶馬渓に出会えるかも知れない。

2019-1124-1・ブ.JPG
深耶馬渓に向かう途中に県道から脇道へ。狙いは水墨画の景色。
雨霧の景色。モノトーンならば夏の耶馬。爽やかさを加えるならば
新緑の耶馬。あたたかさならば芽吹き前の耶馬。今回は鮮やかさを
出してみようとトライしてみたが…ん〜っ。
ちなみに真ん中の変わった形の岩は「芝石岩」という。

2019-1124-2・ブ.JPG
これが紅葉期の日曜日の深耶馬渓。信じてもらえるだろうか?。
河川が増水しない程度の雨の日ならば、秋の耶馬渓をじっくりと堪能
できる。お土産物屋や食事処でも最盛期の品揃えを少人数で利用でき
、またお店の人との会話も弾む。耶馬渓の観光業者は商売根性のしつ
こさを感じさせないお店が多く感心させられる。
一目八景付近は紅葉の盛りを「過ぎ」た。これからの晩秋も楽しみ。

2019-1124-3・ブ.JPG
深耶馬渓の大駐車場(下流側)ガラガラである。(上流側)も余裕あ
る状況だった。通常ならば人と車で溢れているのだが。
雨の耶馬渓は、運転や増水や崖崩れなどの安全に注意する点はあるが
穴場なのかも?。
特に急な増水は、たった20pほど増水しても足をとられ、水の濁りで
川底の見当がつかなくなり、1〜2mの移動もできなくなる怖さがある。

2019-1124-4・ブ.JPG
午後から天候は回復に向かう。先週撮影した耶馬渓鉄道の旧・第二山
国川橋梁。今回は橋梁上のサイクリングロードより「大屋敷の景」。
山国川本流筋では「競秀峰」に劣らない迫力の岩壁なのだが、知名度
が低い…というか関係者達自体が気付いていないのだろうか。
近くに駐車スペースがないのも残念だ。
紅葉はちょうど「見頃」かな。

2019-1124-5・ブ.JPG
「競秀峰」。先週とは違うアングルで撮影。
紅葉や新緑は朝や夕陽の斜光を利用すると鮮やかに描写できることが
ある(クドくなり過ぎることも…)。今回は夕陽を利用。
周辺には紅葉には少し早い樹木もあるが「見頃」。あと落葉広葉樹が
もう少し増えてくれれば…。

・しつこいようですが、雨の耶馬渓は安全を最優先に…油断は禁物です。
 今秋の耶馬渓の紅葉狩り、もう少しの間は楽しめそうです。

posted by 薄学斎 at 03:56|