2020年01月12日

耶馬渓(山国町)と日田

日田の国重文の「鉄鏡」が魏志倭人伝に記述のある→
あの有名な銅鏡百枚の一枚である可能性を示唆する記事
が載っていた。
「金銀石英象嵌竜文鉄鏡」については検索してくだされ。

現在の中津市だが耶馬渓・山国町と日田市は隣街になる。
大きな山(峠)越えはあるけれど…お隣さん。
山国町は「奥耶馬渓」と呼ばれるように「奥地」にある。
山国町の中心街である守実地区からだと山越えで行ける
日田と、山国川に沿って延々を耶馬渓を縦断し、平野部
に入ってからも更に時間のかかる中津市街…。今も昔も
交通の手段・環境は変われど行き来の苦労に差があるこ
とには変わりはない。

平成の大合併の波が押し寄せ、国からの圧力にアタフタ
している頃、山国町の中には日田市との合併を模索する
動きもあった。「山国町は生活圏としては昔から日田市
の方への依存度が高い」と、金網の上のイノシシとシカ
肉と自家野菜をつつきながら聞いた思い出がある。

わが耶馬渓と日田は同じ地域。薄学斎が勝手に設定して
いる「山国川水圏」にも日田は含まれているのだから。

2020-0112-1・ブ.JPG
で、長々と能書きの末に出したかったのはコレである。
「日田の宝鏡」―金銀石英象嵌竜文鉄鏡の謎―
木籔正道:著。 平成4年・芸文堂:発行。
少しだけ山国川流域の記述もあるが…日田説の本だ。

邪馬台国は「耶馬溪」を中心とした「クニ」の集まり→
連合国家のような形態だったのではと見当つける薄学斎
の考えと重複する部分がある。
書棚で出会った時に「おおっ〜」となった書籍。


posted by 薄学斎 at 17:12| 本・資料