2020年05月06日

自動車ナンバーの怪

2020-0506-1・ブ.JPG
今年1月の曲線を描く麦畑と同所より。
渡る風がカラカラになってきた。
最近は、近所で風を追いかけている。

ここは県境の街。
今回は、地元での自動車のナンバー
で誰も知らない。また知る必要もな
いことを、コッソリとお教えしまし
ょう。

福岡県豊前地域で「大分」ナンバー、
大分県中津市街で「北九州」ナンバ
ーは「地元ナンバー」として認識さ
れている。
しかし、耶馬渓(今回は本耶馬渓町)
では「北九州」ナンバーは余所者と
認識されるのだ。「あんた北九州の
ドコでぇ〜」などと。

ちなみに、福岡県側とは山国川を挟
んで有野地区で接する…今や自動車
で1分足らずで橋を渡れるのだが…。
かの弘法大師が投げた筆も対岸まで
届いたという。
県の壁?、それとも川渡り時代の名
残りなのか?…興味深い。
(平成の大合併で耶馬渓内の三町は
中津市となった)

これは決して悪口ではなくて、だか
らゆえの、今に続く耶馬渓の良さに
も繋がっている部分もあるのだ。

さすがは福岡県の僻地…存在感薄っ。
でも地元の「北九州」ナンバーって…。

【雑記の最新記事】
posted by 薄学斎 at 04:35| 雑記