2020年05月24日

研究の「落とし穴」

「(郷土史)本の2.3冊読めば、そ
れなりに語れてしまうものです。
あと少し調べれば発表や本も出せます。
それほど敷居が低く身近なものです
が、そこに「落とし穴」が隠れてい
ると思うのです。」

を含む長いメールを出した。
相手は研究を始めて数年の人物。
本心から侮辱などするつもりはない
のだが、信じてもらえるだろうか。

研究者の多くが通過儀礼のように
ハマるのが「落とし穴」。ハマっ
ている人かは違和感で判る。
半端な人では目立ちにくく、すぐに
転ぶ研究職や一般研究者は、ハマった
ままの人や努力不足などが多いそう。

優秀なトコだと周囲の人達が引きあ
げたり、自ら出会いや環境などのキッ
カケで抜け出せる人もいるみたいだ。
やけに詳しいねと言われそうだが、私
もハマった。鼻っ柱をへし折られる荒
治療。最も手っ取り早い手法だが、あ
の無様な惨めさはトラウマ。

特に初心の頃は、調べて出てくる事柄
や資料に、おぼれ振り回されがち。
資料や事柄自体に疑いさえ持たない。
いわゆる天狗になると、「知ってるつ
もりで知らない」「見えるものが見え
てない」などに陥っても平気。
調べているから偉そうになって、啓蒙
活動になったり。「仮定」がすべて結
論に直結したり。固執・執着があまり
にも強過ぎたり…。

方向性・考え方などの修正になるので、
すぐに解決できる問題ではないのだが、
ある一言で興味を持った人材。危うさ
に気付いてくれれば良いのだけど。

今後対立するぐらいならばと、無礼な
出過ぎた行為なのは認識している。
「これでいいのか?」とか「ハマって
ないか?」と今でも、形だけでも自問
するようにしている私も未熟で、本来
ならば偉そうなことは語れない。

posted by 薄学斎 at 06:50| 雑記