2020年01月27日

「仙人地元学会」 薄学のしおり 2

昨日の投稿記事で、学会の資料収集の為に「古書部」を
運営しているのか?。と質問があった為、追記をさせて
頂きたい。返答を先に述べると「違う」となる。

古書・資料を扱っていても、地元では一般的な郷土書籍
等は出ることはあるが、意外にも肝心の資料類にはなか
なか出会えないもの。
仮に有っても、いくら所有者の承諾が得られても、この
ご時世では、貴重な資料の入手となると犯罪と紙一重…。
特に地元では際どいリスクを覚悟する必要があり、実際
に資料を購入後にトラブルに発展した古物業者もいる。

これも意外だが、不思議と他の地域から地元関連資料の
情報が出てくることの方が多く、購入しているのが学会
の主な資料の収集手段の実情。

因みに学会は、何処からも年間予算は受けていないので、
自前の資金・時間・資材と、協力して頂ける方々の好意
(資金提供ではない)にて運営されている。
「正道を保つ」為に、この運営方法をとっているのだ。

20200127-1・ブ.JPG
画像の資料は、西南戦争にて西郷軍に合流する目的で、
地元で蜂起した「中津隊」に関する当時の関連資料。
これも他の地域に有ったのだが、情報提供してくれた方
がいたお蔭で入手できた。
結局のところ当学会は、人の好意と好奇心・遊び心に支
えられているのである。

posted by 薄学斎 at 02:31| 仙人地元学会とは

2020年01月26日

「仙人地元学会」 薄学のしおり 1

地元にて当学会と協力関係を結ぶ某庵の古書部がある。
こだわり過ぎの運営がたたり、古物部門は未だに赤字
補填が続くのだが、ようやく自立の兆しも見えてきた。
古書部の方は好きで運営しているから、手の届く範囲内
ならば問題ないのだが、近過ぎる古物商の存在は、学会
運営にとっては制約の方が多い。

某庵・古書部と「学会」を同一の組織だと誤った認識を
されている方がおられる故に、今回の記事となった次第。
・「古書部」は古物商営業許可を受けている警察署や公
安委員会にアタマの上がらぬ古書/資料・古美商。
・「仙人地元学会」は―謎の探究組織―。

某庵・古書部と学会とは運営協力と、その他は探究・地
元関連資料及び情報提供といった提携関係ぐらいか。
学会といえども個人活動主体なので、ざっとこんなモン
なのである。

いつぞやか、テストに出題される日を夢見て…。

posted by 薄学斎 at 05:20| 仙人地元学会とは

2019年10月10日

 「謎の探究組織☆仙人地元学会」に迫る 2

「謎の探究組織☆仙人地元学会」(☆から前は今のところ暫定)。
中津・豊前は第1地域となり、実験的な部分も併せ持つ。
「学会」といっても、眉毛を逆八の字にして偉そうなフリする連中の
集まりを想像してはいけない…。ウチは-遊び心九分-の学会なのである。 
しかしその-遊び心-が大切。それがないと「探究」はできないのだ。

年齢・性別・経験・肩書等の垣根を超えて悪友になれる人材を求める。
〇「仙人薄学・地元学」の探究。
〇提携する古書屋や協力者を通して、各地からの地元関連資料や各種
「探究資料」の収集・把握。       
などの活動を行う。
 
「仙人薄学」を提唱。仙人薄学とは「広く浅く薄く、興味を持った事
には深く濃く」…まるで安物の水っぽいコーヒーを連想させる探究学。
また仙人薄学には幾つかの「探究法」が考案されているが、こちらも
おいおい紹介していきたい。

「博学」ではなく「薄学」・「研究」でなく「探究」…。
研究は対象を突き詰めるものであり、対照的に生涯をかけても解き
明かせないと判ることを追い求めるのが探究なのであろう。
しかし両者は相反するものではなく、「研究」に「仙人薄学」を取り
入れることで相乗効果を目指す。

学会活動の主目的(ここだけは本気)。
・「地元関係及び、必要資料の散失のくい止め・収集・情報把握」
・「収蔵資料の効果的な活用及び情報の交流」
・「これから出てくるの若い人材の探索・応援」
・「踏み台になる覚悟のある人材の発掘・サポート」    など。

一説に、将来的に「征夷大将軍」を輩出し中津城に入城。周辺地域を
中心とした「幕府」を開く(日本国の全運営は、日本国政府に委託予定)
などの情報もあるが真相は謎である。
そんな「謎多き」楽会…ではなく学会だったりする。                               
つづく…のか?。


posted by 薄学斎 at 06:05| 仙人地元学会とは