2019年11月11日

吉富町  山国川河口散歩

予想外のトラブルから相棒(クルマ)が退院。経過観察中にて
平野部でウロウロなのである。幸いクルマに大きなダメージは
認められないものの、紅葉期の停滞は気分的なダメージあり。

ちょっと長い休憩をとって、ちょっと海岸までクルマで向かう。
小さな町ならではの手軽さである。山国川河口から潮止め堰付近
まで遡り、支流・黒川に沿って帰ってきた。缶コーヒー1本がちょ
うど良いぐらいの時間。吉富町約2/3周コース。小さな町というか
「狭っ…」。

20191110-1・ブ.JPG
吉富町の海岸線からは標高差約1130mの景色を近くに感じることが
できる。紅葉終盤の山々は寒気の雲に包まれているが、反対側の海
上の空は夏を思わせるような模様。潮は満ちて来ている。


20191110-2・ブ.JPG
山国川河口付近。高浜地区の「京泊」「(高浜)遠見番所」「鼻」など
と呼ばれる場所(付近)から撮影。
朝鮮出兵や島原の乱時もこの場所から出兵したとの記録が残る。九州に
多く伝わる「神功皇后伝説」のスポット?でもある。
対岸は大分県・中津市の河口の三角州である「小祝」。この辺りはまた
改めてまとめましょう。
右下には中津城の天守閣が見える。奥の山は「八面山」。この山も神
功皇后伝説のスポットなのだ。スゲェーだろぉ〜。


20191110-3・ブ.JPG
山国川潮止め堰の下流。散歩する人、愛犬と遊ぶ人、スケーボーやラ
ジコン飛行機を楽しむ…人達。これも河川敷の大切な役目の一つ。
そして私メは季節の物語を探し歩く。はた目には変〇者…。


posted by 薄学斎 at 06:56| 河口の街

2019年10月14日

河口の町・県境の町・九州で1番小さな「吉富町」

吉富町は「九州で1番小さな町」を自虐アピールしているが、肝心な町民の
感情を考慮しているだろうか?。と町外在住の薄学斎は思う。
よくあることだが、関係者ばかりが勝手に盛り上がっても仕方がない。
しかし吉富町は2つの小山と川がある以外は、海と県境の川に面した平野部の
ホントに目立たない小さな町である。

いつの頃からか、吉富町を通りかかると「ホッ」とするような気分になっていた。
それは、ただ生まれ育った場所だという懐古的感情だけのことかも知れないが…。

世はデジタル時代。パソコン操作や細々とした地味な作業が続く。気分転換に
散歩をすることが多くなり、自然と「ホッと」を辿るようになっていた。
それもまた「探究」である。
私メの小さな町の散歩道。少しずつ紹介していきたい。


ブ・20191013-1.JPG

山国川が注ぎ込む周防灘。潮の干満差の大きい豊前の海には開発が進んだ
現在でも、干潮になれば普通に「干潟」がみられる。
用事ついでに、ちょっと河口まで足をのばす。
干潟写真は大分県の国東半島が有名だが…実は吉富町って-やれば出来る子-
なのかも?…おそらく…たぶん…ん〜自信ないけど…。
      ※干潟は危険ですので、的確な判断力が必要です。

posted by 薄学斎 at 00:42| 河口の街