2019年12月01日

晩秋の雑木林 豊前市 求菩提山麓

耶馬渓の紅葉シーズンが一段落する11月下旬になると、平野部の紅葉が
見頃になる。近所のイチョウの葉の色づきが気になり始めたら周辺の雑
木に目を向けてみよう。通り慣れてるはずの道端にも新たな発見がある
ものだ。エノキの黄葉はどっしりと美しく、ハゼのキツめの紅葉は、か
なり遅い時期まで踏ん張ってくれる。派手さはないが近所にある宝物。

関東在住時、信州の秋彩が一段落すると、締めくくりの儀式のように訪
れていた場所がある。山梨県道志村…今夏の女児行方不明で報道されて
いるあの場所だった。キャンプ場手前の小さな橋が映し出されている。
橋を渡った所でバイクを停めて谷に降りていたのだ。
新緑・紅葉の水彩の撮影の楽しさを教えてくれた谷だった。何の変哲も
ない小さな谷が、このような形で知られるようになろうとは…。

福岡県豊前市の国道10号線・千束交差点から「求菩提山」の標識に従う。
求菩提山とは、英彦山の影に隠れているが山岳修験道の聖地。
瀬戸内海性の気候の影響からか、求菩提山周辺の紅葉時期は遅め。岩岳
川に沿って直線的に高度を上げるので、どこかで里山の秋彩に行き当た
る。自動車でゆっくりと30分ほどで求菩提山麓、犬ヶ岳山系の山懐だ。
ただし冬期の求菩提山麓は積雪が多く、適切な装備・情報収集が必要。

2019-1130-1・ブ.JPG
帰郷しても紅葉の締めくくりに訪れる場所がある。求菩提山周辺のこの
雑木林もその一つ。少し山登りが必要だが、急坂を登り切ってからの雑
木林の視界が楽しみ。

2019-1130-2・ブ.JPG
荒らさぬように、フワフワの林床をそっと踏むようにして雑木林を彷徨う。
まだスズメバチ氏も油断できないし、マムシ君の迷彩色が最大効果を発揮
するのが散り葉の地面。
期待に反して湿気を含み、寒に当てられた今日の林床では撮影は進まず…
それならばと割り切れるのが近場の強み。

posted by 薄学斎 at 06:25|

2019年11月25日

耶馬渓 紅葉情報? 2019・11・24

昭和の初め、雨の耶馬渓の趣を語った女性がいた。
雨の日は野外へは出掛けたくないものだが、そこは思い切って足を
踏み出してみれば、絵画のような耶馬渓に出会えるかも知れない。

2019-1124-1・ブ.JPG
深耶馬渓に向かう途中に県道から脇道へ。狙いは水墨画の景色。
雨霧の景色。モノトーンならば夏の耶馬。爽やかさを加えるならば
新緑の耶馬。あたたかさならば芽吹き前の耶馬。今回は鮮やかさを
出してみようとトライしてみたが…ん〜っ。
ちなみに真ん中の変わった形の岩は「芝石岩」という。

2019-1124-2・ブ.JPG
これが紅葉期の日曜日の深耶馬渓。信じてもらえるだろうか?。
河川が増水しない程度の雨の日ならば、秋の耶馬渓をじっくりと堪能
できる。お土産物屋や食事処でも最盛期の品揃えを少人数で利用でき
、またお店の人との会話も弾む。耶馬渓の観光業者は商売根性のしつ
こさを感じさせないお店が多く感心させられる。
一目八景付近は紅葉の盛りを「過ぎ」た。これからの晩秋も楽しみ。

2019-1124-3・ブ.JPG
深耶馬渓の大駐車場(下流側)ガラガラである。(上流側)も余裕あ
る状況だった。通常ならば人と車で溢れているのだが。
雨の耶馬渓は、運転や増水や崖崩れなどの安全に注意する点はあるが
穴場なのかも?。
特に急な増水は、たった20pほど増水しても足をとられ、水の濁りで
川底の見当がつかなくなり、1〜2mの移動もできなくなる怖さがある。

2019-1124-4・ブ.JPG
午後から天候は回復に向かう。先週撮影した耶馬渓鉄道の旧・第二山
国川橋梁。今回は橋梁上のサイクリングロードより「大屋敷の景」。
山国川本流筋では「競秀峰」に劣らない迫力の岩壁なのだが、知名度
が低い…というか関係者達自体が気付いていないのだろうか。
近くに駐車スペースがないのも残念だ。
紅葉はちょうど「見頃」かな。

2019-1124-5・ブ.JPG
「競秀峰」。先週とは違うアングルで撮影。
紅葉や新緑は朝や夕陽の斜光を利用すると鮮やかに描写できることが
ある(クドくなり過ぎることも…)。今回は夕陽を利用。
周辺には紅葉には少し早い樹木もあるが「見頃」。あと落葉広葉樹が
もう少し増えてくれれば…。

・しつこいようですが、雨の耶馬渓は安全を最優先に…油断は禁物です。
 今秋の耶馬渓の紅葉狩り、もう少しの間は楽しめそうです。

posted by 薄学斎 at 03:56|

2019年11月22日

冬の使者

「今年はまだ来てないな」と通りかかる度に山国川を眺めていた。
数日前の朝、近くの溜池をねぐらのするカモの小群が飛び立つの
に遭遇。今年も山国川水圏に冬の使者がやって来た。

山国川は河口部の三角州・小祝にて本流と旧・本流に分かれ周防灘
に注ぐ。旧・本流は「中津川」と呼ばれている。
まずは福岡県・吉富町から山国川を渡り大分県側(中津市)へ、川
に沿って少し下り、中津川の北門橋から三角州の小祝に渡る。
遠方に住む松下竜一ファンに、イイだろぉ〜と自慢したいルート。
川向こうに中津の天守が聳える中津川が、お気に入りのポイントなの
だが冬鳥の姿はなし。

来る途中に見つけていた場所へ移動。山国川を分かつ小祝の舳先付近
より観察する。まだまだ飛来数は少ない模様。
この冬の使者がやって来ると、山国川下流域は1年でもっとも賑わう季
節を迎える。

20191120-1・ブ.JPG
いつもの癖で逆光線を選んでしまった。川石と水鳥の区別がつかない…。
でも煌めく川面と山並みが美しい。時間が許すのなら鳥さんたちとの合作
の光景を日が暮れて暗くなるまで眺めていたいものだ。

posted by 薄学斎 at 07:14|