2020年01月12日

耶馬渓(山国町)と日田

日田の国重文の「鉄鏡」が魏志倭人伝に記述のある→
あの有名な銅鏡百枚の一枚である可能性を示唆する記事
が載っていた。
「金銀石英象嵌竜文鉄鏡」については検索してくだされ。

現在の中津市だが耶馬渓・山国町と日田市は隣街になる。
大きな山(峠)越えはあるけれど…お隣さん。
山国町は「奥耶馬渓」と呼ばれるように「奥地」にある。
山国町の中心街である守実地区からだと山越えで行ける
日田と、山国川に沿って延々を耶馬渓を縦断し、平野部
に入ってからも更に時間のかかる中津市街…。今も昔も
交通の手段・環境は変われど行き来の苦労に差があるこ
とには変わりはない。

平成の大合併の波が押し寄せ、国からの圧力にアタフタ
している頃、山国町の中には日田市との合併を模索する
動きもあった。「山国町は生活圏としては昔から日田市
の方への依存度が高い」と、金網の上のイノシシとシカ
肉と自家野菜をつつきながら聞いた思い出がある。

わが耶馬渓と日田は同じ地域。薄学斎が勝手に設定して
いる「山国川水圏」にも日田は含まれているのだから。

2020-0112-1・ブ.JPG
で、長々と能書きの末に出したかったのはコレである。
「日田の宝鏡」―金銀石英象嵌竜文鉄鏡の謎―
木籔正道:著。 平成4年・芸文堂:発行。
少しだけ山国川流域の記述もあるが…日田説の本だ。

邪馬台国は「耶馬溪」を中心とした「クニ」の集まり→
連合国家のような形態だったのではと見当つける薄学斎
の考えと重複する部分がある。
書棚で出会った時に「おおっ〜」となった書籍。


posted by 薄学斎 at 17:12| 本・資料

2019年12月20日

「邪馬台国」はどこにあったのだろう。

過去に何度か、邪馬台関連の出版ブームがあったというが、薄学斎の
世代にはピンとこない。しかし関連本はそれはもう数多く存在する。

身の回りのアチコチに邪馬台国の関連本が散在している。大正期から
昭和50年代までが多いか。著者のゴリ押し持論ばかりでウンザリなのだ
が古本屋などで見かけると、つい嬉しくなって手が出てしまう甲斐性の
ない薄学斎なのである。でも、お約束の未読本も多い…あの世に旅立つ
までには読破しようと思ってはいるけれど。

2019-1219-1・ブ.jpg
で、画像の2冊となる。「である」は1971年・秋田書店:発行。
ケンカを売る形の?「でない」は1973年・新人物往来社:発行…後者
の出版のいきさつを知りたい気がする…。良い時代だったのだろう。

邪馬台国はどこにあったのか?。おおよその研究?本は「魏志倭人伝」
の記述をアーダコーダ自己中に解析している。水行〇日陸行●日という
アレである。今風にいうと「北九州空港からシャトルバスで日豊本線・
朽網駅。からの中津駅下車。駅前からバスにて…」って感じである。

「〜美夜古(みやこ)に邪馬台国があったと言い出すであろう君のこと
だから〜」と親世代の友人からメールが来た。ちなみに「美夜古」とは
福岡県行橋市・苅田町・みやこ町・築上町の周辺地域の古い呼び名。
そのメールの返信に「邪馬台国って耶馬渓にあったんですよ。知りませ
んでしたぁ?」と送ったら…さすがの彼も絶句・であった。

特異な地名「耶馬渓」。「耶馬台国」「邪馬台国」「耶馬」「邪馬」
「耶馬渓」「邪馬渓」→そろそろ効いてきたかな。

「ふるさとの富士」が各地にあるように「ご当地邪馬台国」のような親
しみ方はできないものか?。どれだけ遊べるか…そんなシンポジウムを
耶馬渓で実現できたら楽しい。

結論として。
「邪馬台国は耶馬渓にあったのだ!」。
言ってしまった…。実は…中枢と思われる場所も既に見当を…ブッブッ…。
とうとう放ってしまった…。あぁ〜生命の危険を感じる。


posted by 薄学斎 at 06:58| 本・資料

2019年12月15日

マッチ売りの少女

最近、何かと慌ただしい。
慌ただしさにかまけて、古書部書庫の整理が手つかずのまま
で、酷い状態になってしまっている。
そこで、年末を口実に書庫整理(たぶん無理)と一部改善に
着手。で、発掘したものを記事ネタにするECOな思いつき。
本来は、学会と古書部の繋がりは協力関係のみなのだが、こ
れからは古書部からの記事もコチラに加えることにしよう。

2019-1215-1・ブ.jpg
膝の上での撮影なので粗さは御容赦を。
アンデルセン:作。星山博之:文。かたやま さえこ:絵。
2000年・学研:発行。

この歳になると読むことのできない作品なのだ…。
4〜6歳向けとあるが、今時の幼児に「マッチ」という単語が通
用するのか…という致命的な問題点を抱える。
明治・大正から戦前にかけての多くの優れた日本文学作品・作
家が現在、埋もれてしまっている要因に「表現の問題」がある
が、絵本の名作も「理解度の問題」で埋もれてしまう作品が増
てくるのかも知れない。共に時代とのミスマッチだ。

「古書を買って下さい〜」と白い街角に立つ私メ。道行く人々は
「え〜い。そんな汚い、怨霊が憑いているような本など買うか〜」
などと冷たい。寒い…そして私メは路地裏で古本の1ページを破り
火を灯す→速攻で取り押さえられ現行犯逮捕…ちがうマッチ売りの
〜などと叫んでも誰も取り合ってくれないだろう。マッチも古い
名作も古本も私メも受難の現代である。

posted by 薄学斎 at 07:42| 本・資料