2020年05月28日

犬ヶ岳山系 2020.05.28

麦の刈り入れが最盛期を迎え。
これからの平野部の田んぼは慌ただし
い、山間部などでは、とうに田植えは
終わっているのだが、一部を除いて平
野部の田植えは6月に入ってからになる。
田植えが一段落するまでは、スケジュ
ールが詰まる時期なのだ。

一連の自粛で経済活動が鈍化し、その
影響か自然環境が良くなったなどの報
道がある。
今年は平野部からの犬ヶ岳山系が、例
年になく鮮明に眺められる気がする。
奥山である主峰・犬ヶ岳の新緑まで気
持ち良いぐらいによく通る日が続く。

2020-0528-1・ブ.JPG
標高差1千m余りの狭い地域で程よく山
と海との繫がり、実りと水と風との循環
を想像し楽しめる場所。それが山国川下
流域の平野部の魅力の一つなのかも知れ
ない。

posted by 薄学斎 at 13:01| 初夏〜夏

2020年05月25日

麦の名残り風

今年1月から数回掲載した麦畑も
収穫の時期を迎え。
伐り株で描かれる曲線美は麦の
名残り風。

しかしこの風も長くは親しめず。
間もなく、ここも土を起こされ
伐り株は砕かれて、昨秋とは逆
に畑が田に変わる。

休む間のない田んぼさんの身に
なると、たまったもんじゃない
けれど、薄学斎にはまた次に出
会えるの風が楽しみ。

2020-0525-1・ブ.JPG
風を追い、水を求めての探究で、
この人生は終わるのだろうか。
それに何の意義があるのか。
探究に人生を張って来たとだけは
自信を持って語れる。というか二
十歳過ぎた頃からの薄学斎には探
究しかない。でも…。

最近、一人の研究者との気の重い
やりとりの中で考えてしまう。

posted by 薄学斎 at 18:59| 初夏〜夏

2020年05月13日

草刈りとキジ

7.8年前、草刈り中にキジの巣を斬っ
たことがある。
薄暗くなった夕暮れ。いきなり何かに
繰り返し襲われた。キジの母鳥だった。
気付かなかったとはいえ、孵化直前・
直後の雛鳥を皆殺しに、母鳥にも傷を
負わせたのかも知れない胸苦しい失敗。
以来、キジの営巣はない…。

国鳥・キジは山の鳥と思われがちだが、
実は平野部の住宅地そばの田畑でも、
その優美な姿をよく見かける。
先日は道路から近所の民家の瀬戸に歩
いて入るのを目撃。まるでニワトリ…。

春の草刈りも5日目。
知人に「キジの巣があったら草を残せ」
と言われる。
カラスに襲われると言うが、「高く売れ
る」などと話していたことがある人物。
今時、そんなことはしないと思うのだが。
さすがは鼻が利く…今年は脈ありそう。
でも心配事が増えてしまう。

2020-0513-1・ブ.JPG
営巣場所の大体の位置さえ判明すれば、
広く周囲の草を残すことは容易い。
しかし問題は、その行為が知人にキジの
巣の場所を知られる目印となることだ。
巣立ちまで優しく見守ってくれるのであ
れば…。といってこの知人に不法侵入を
警告する訳にもいかない。

何か良い手立てはないものか?。

posted by 薄学斎 at 20:12| 初夏〜夏