2020年05月24日

研究の「落とし穴」

「(郷土史)本の2.3冊読めば、そ
れなりに語れてしまうものです。
あと少し調べれば発表や本も出せます。
それほど敷居が低く身近なものです
が、そこに「落とし穴」が隠れてい
ると思うのです。」

を含む長いメールを出した。
相手は研究を始めて数年の人物。
本心から侮辱などするつもりはない
のだが、信じてもらえるだろうか。

研究者の多くが通過儀礼のように
ハマるのが「落とし穴」。ハマっ
ている人かは違和感で判る。
半端な人では目立ちにくく、すぐに
転ぶ研究職や一般研究者は、ハマった
ままの人や努力不足などが多いそう。

優秀なトコだと周囲の人達が引きあ
げたり、自ら出会いや環境などのキッ
カケで抜け出せる人もいるみたいだ。
やけに詳しいねと言われそうだが、私
もハマった。鼻っ柱をへし折られる荒
治療。最も手っ取り早い手法だが、あ
の無様な惨めさはトラウマ。

特に初心の頃は、調べて出てくる事柄
や資料に、おぼれ振り回されがち。
資料や事柄自体に疑いさえ持たない。
いわゆる天狗になると、「知ってるつ
もりで知らない」「見えるものが見え
てない」などに陥っても平気。
調べているから偉そうになって、啓蒙
活動になったり。「仮定」がすべて結
論に直結したり。固執・執着があまり
にも強過ぎたり…。

方向性・考え方などの修正になるので、
すぐに解決できる問題ではないのだが、
ある一言で興味を持った人材。危うさ
に気付いてくれれば良いのだけど。

今後対立するぐらいならばと、無礼な
出過ぎた行為なのは認識している。
「これでいいのか?」とか「ハマって
ないか?」と今でも、形だけでも自問
するようにしている私も未熟で、本来
ならば偉そうなことは語れない。

【雑記の最新記事】
posted by 薄学斎 at 06:50| 雑記

2020年05月13日

草刈りとキジ

7.8年前、草刈り中にキジの巣を斬っ
たことがある。
薄暗くなった夕暮れ。いきなり何かに
繰り返し襲われた。キジの母鳥だった。
気付かなかったとはいえ、孵化直前・
直後の雛鳥を皆殺しに、母鳥にも傷を
負わせたのかも知れない胸苦しい失敗。
以来、キジの営巣はない…。

国鳥・キジは山の鳥と思われがちだが、
実は平野部の住宅地そばの田畑でも、
その優美な姿をよく見かける。
先日は道路から近所の民家の瀬戸に歩
いて入るのを目撃。まるでニワトリ…。

春の草刈りも5日目。
知人に「キジの巣があったら草を残せ」
と言われる。
カラスに襲われると言うが、「高く売れ
る」などと話していたことがある人物。
今時、そんなことはしないと思うのだが。
さすがは鼻が利く…今年は脈ありそう。
でも心配事が増えてしまう。

2020-0513-1・ブ.JPG
営巣場所の大体の位置さえ判明すれば、
広く周囲の草を残すことは容易い。
しかし問題は、その行為が知人にキジの
巣の場所を知られる目印となることだ。
巣立ちまで優しく見守ってくれるのであ
れば…。といってこの知人に不法侵入を
警告する訳にもいかない。

何か良い手立てはないものか?。

posted by 薄学斎 at 20:12| 初夏〜夏

2020年05月08日

新緑真っ盛り。でも…

コロナ自粛の直撃を受けてしまっているの
で、気が滅入り森に会いに行けないでいる。
GW期間だから尚更に出不精になる。
空いた時間は草刈りか、書庫に籠りっ放し
の自粛生活。あと時々「海」へ。

山国川下流域の河川敷には歓声が響き渡り、
川にはシーバス狙いの釣り人の姿を多く見
かける。例年にはない光景。
日頃、人気の希な海岸にも遊ぶ人達の姿が
散見される。

どうやら、人は不安や閉塞感に迫られると
広い場所で体を動かしたくなるものらしい。
これが、今までの「与えられる娯楽」とい
う選択肢を失った為の、一時的な行動でな
ければ嬉しいのだけど…。

2020-0508-2・ブ.JPG
ケヤキの若葉。
美味しそうな若葉は、薄学斎と虫さん達と
の先陣争いとなる。
そこに新芽から若葉、そして深緑へと…瞬
く間に風は吹き抜けてゆく。
本来ならば、ボヤボヤできない季節なのだ。

posted by 薄学斎 at 05:15| 初夏〜夏