2020年01月03日

令和二年 初詣

神仏・西暦・元号などがゴチャになっている日本の正月。
そんな年末年始を過ごす国や地域は他にあるのだろうか?。
そういう薄学斎も教会関係の方にお誘いを受けたり、年越しの
奉納神楽の囃子の中で響いてくる除夜の鐘をしんみりを聞く。
オリオンを追いかけてからの初日の出。そして初詣と…にゃん
だか分からない一週間を過ごす。

令和二年の初詣は小さな神社へ。アジト(隠れ家)をこの近く
に極秘設置して以来の慣習となっている。普段は子供たちも遊
ばなくなった寂しい神社なのだが、ちゃんと初詣の準備が整え
られていることが嬉しい。

20200103-1・ブ.JPG
この即席感が何ともいえない…。

20200103-2・ブ.JPG
境内のクロモジの木。黒い種子は羽子板の羽の材料に用いられる。
種子を包む果皮はサポニンという石鹸のような成分だといわれて
いるけど試したことはない。油っこい感触の果皮で、子供の頃は
この木の下で、素手で触れぬように種子を取り出して遊んでいた。
今は枝も実りも少なくなり、お互い歳を重ね…。

20200103-3・ブ.JPG
近頃は偉い人たちが増えて…。昔は決められた日に子供たちだけ
で境内の落ち葉を掃き集め、この場所で火を点け燃やしていたの
だが…。今は、火を使えない。火の怖さも知らない子供たちばか
りになってしまった。


posted by 薄学斎 at 10:20| 日記

2020年01月01日

2020年 初日の出

2020年の撮り始めは初日の出。身体に無理かけずに数回挑戦も惨
敗している中津城攻め(天守と初日の出)と思わせながら、なぜ
か薄学斎は耶馬渓へ疾風の行軍。やはりブームには乗らなければ…
実のところは、きれいな星空を見上げていると耶馬渓でお迎えした
いとなった次第。

耶馬渓は谷である。晴れの朝に谷底から日の出を仰ごうとすると
強烈な逆光線に見舞われる。たぶん耶馬渓は吸血鬼の居住には不
適だと思う。よって早い時間帯に日の出撮影をしようとしたら山
の上からということになる。

予定地点の山の中腹まで登り初日の出を待つ。風はなく冷え込み
も緩い。山々と空とのバランスをあれこれ考えているとご来光。
さぁ。耶馬渓より邪馬台国パワーを皆様にお送り致します。

2020-0101-1・ブ .JPG
今年もよろしくです。

posted by 薄学斎 at 18:56| 日記

2019年12月31日

2019 大晦日

初日の出はどこで迎えようか?。
事情があり、しばらく登山は控えていたが、もう大丈夫と用具
の準備をしている時に風邪に罹り。幸いにしてインフルではな
いけれど、予定していた英彦山でのご来光は断念。

では、どこにする?。
そんなノンビリとしたことを大晦日に考えながら過ごせるのは、
実は幸せなことなのかも知れない。

正月寒波が到来。北部九州も夜半から風強くなりアジトの軒先
を震わせる。この風向きでは源流の森は吹雪かな。
ウズウズしてくるが…お正月は書庫で、書籍と資料に埋もれて
大人しく過ごすこととしよう→日常と何ら変わらんではないか。

2019-1231-1・ブ.JPG
大分県・中津市の小祝より「中津城」天守と初日の出。
数回挑戦も惨敗が続く。初撮りからつまづきとは…まっ
私メらしいけど…清光厄落としということで。

posted by 薄学斎 at 07:38| 日記